スポンサーリンク

バイナリーオプション必勝法に多いボリンジャーバンドの逆張りは本当?

サラリーマンの副業で人気のバイナリーオプションですが、世の中にはバイナリーオプションに関する詐欺商材とも呼べるバイナリーオプションの必勝法たるものがあふれています。

その中で特に多いボリンジャーバンドを使った逆張りについてです。

ボリンジャーバンドとは何に使うものなのか?

ボリンジャーバンドとは相場のボラリティを計るもの、つまり相場の強さを見るものであり、シグマにタッチしたから逆張りに利用する、というものではありません。

結論を言うと、バイナリーオプションの必勝法でよくあるボリンジャーバンドの逆張り手法は有効とは言えません。

ボリンジャーバンドの開発者は順張りに利用している

ボリンジャーバンドは±1σの範囲内に収まる確率約68.3%、±2σの範囲内に収まる確率約95.4%、±3σの範囲内に収まる確率約99.7%というものが有名で一見逆張りに有効なように聞こえます。

しかし、ボリンジャーバンドの開発者であるジョン・ボリンジャーはボリンジャーバンドを順張りに利用しているようです。

詳しくは本を読んでください

検証動画ボリンジャーバンドの逆張りをバイナリーオプションで試したらどうなるか?

上記動画はバイナリーオプションでボリンジャーバンドの2シグマにタッチしたときに逆張りを行った動画です。

終盤にボリンジャーバンドのバンドウォークが発生し、大きく負け越しています。

FXでうまくバンドウォークに乗れれば利益は大きい

上記動画でも発生しているボリンジャーバンドのバンドウォークですが、これに乗れればFXで取引すれば利益が大きいです。

つまり、ボリンジャーバンドをFXにて順張りに使用する方が、バイナリーオプションでボリンジャーバンドを逆張りで利用するよりはマシということです。

まとめ

ボリンジャーバンドのシグマタッチの逆張り手法は、FX経験10年を超える管理人からすると素人手法です。

ボリンジャーバンドはあくまで相場のボラリティを見るためのものです。

ボリンジャーバンドのおすすめ文献

管理人が実際に購入したFX関係の商材を紹介します

マーフィーのFX投資術


マーフィーのFX投資術(DVD特典付)

大手銀行の為替部門出身のベテランが、FXの初心者でもわかるように親切にボリンジャーバンドの使い方などを解説されています。

バイナリーオプションにも応用できる投資手法も乗っていました

XMトレード(海外業者)


XMトレード

キプロスに本社を置くだれもが知るXMトレード

海外業者は出金などに問題があることをよく聞きますが、XMトレードでは今まで1度も出金トラブルにあったことはありません

レバレッジ100倍以上の取引も可能な、日本国内から口座開設可能なFX業者です

あえてデメリットをあげるならスプレッドが若干広いことでしょうか?

TitanFX【タイタンFX】


業界最狭スプレッドのTitanFX【タイタンFX】口座開設はこちら

FXブローカーのなかでは新興の部類にはいるが、本サイト管理人が現在最もおすすめ しているのがこのTitanFX(タイタンFX)

スプレッドがとにかく狭く、注文がすべることもほぼないです。

何かあったときに日本語サポートに問い合わせると返事も早いので安心の海外FX業者です。

出金は基本的に翌日には入金され、トラブルは特にないです。

今のところ特にデメリットは思いつきません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする